sorami写真展 space −空間・そらのあいだ−

sorami写真展 space −空間・そらのあいだ−
2003/1/15−21
たくさんのご来訪、
ありがとうございました。


空間。そらのあいだ、と書く。

一瞬として同じ姿をとどめることのない空。
その、空と空の間にあるのは、雑踏であったり、混沌であったり、
あるいは孤独であったり、空虚であったり。
すべてはこの空の下にある。そして、僕たちは空間の中に、自分の居場所を探し続ける旅人。

旅人たちは、
通りすがりのその空間に漂う信号を自らの記憶と感情、現在と過去に照らし合わせる。
そこに交錯する想い。空と空間と旅人がシンクロする瞬間。

「日常」の中の「非日常」。
「空間」という名の容れものの中で、旅人はしばし足を止めて考える。
そして、また歩き始める。

全作品をモノクロームで構成し、
いまを旅する無数の旅人の中のひとりの足跡と想いをちりばめるこの写真展。
タノシサもセツナサもツヨサもヨワサも、すべては、この空の下で見つけた、偶然と必然。

・・・・・・

二回目の個展を開くことになりました。
2002年の一年間、いろいろなものを見て、街を歩いて、空を見上げてきました。
変わっていくもの。変わらないもの。
私の中と、私の外とのそんな変化と不変を、迷いながら、歩いてきました。
私というひとりの存在の、長い旅の途中経過報告。
それが、このささやかな展覧会です。

あなたの旅の小休止に、お立ち寄りいただければ幸いです。
そう、あなたも私も、今を旅する孤独な旅人なのですから。

 

たくさんのみなさまにご来訪いただきました私・soramiの第2回個展 [space −空間・そらのあいだ−]は、1月21日(火)17時をもちまして無事一週間の会期を終えることができました。
拙い写真たちではありましたが、これからも続く私と、そしてあなたの旅の小休止のひとときを共有させていただくことができたなら、これに優る喜びはありません。本当に、ありがとうございました。

■ ■ ■

来月・2月13日(木)から25日(火)まで、東京・御徒町のカフェギャラリー [Cafe K]さんにて、第3回写真展 [ノp l a c eノ −僕のいる場所−]を開催いたします。
本展とリンクしながら……というよりは、本展が旅の小休止ならば、次回展はふたたびの旅立ち、といったところでしょうか。これからも長く続くであろう私の旅、そして、あなたの旅。その、次なる目的地への出発点という気持ちでいこうと思っています。

お時間がございましたら、またどうぞ、足をお運びくださいませ。

それでは、あなたに再びお会いできることを楽しみにしています。この街で、この『そらのあいだ』で。
どうぞ、これからもよい旅を。

これからも私・soramiをよろしくお願い致します。

会場入口・ポスター

|Copyright (C) sorami 2002-2003 All rights reserved.|
|掲載作品の二次使用を禁じます|著作権について|お問い合わせ space@sorami.jp
days clip ホームへ